研究室ニュース

2018/10/22
特任研究員・奥村大河さんが第7回環境放射能除染研究会で優秀口頭発表賞を受賞しました。また、小暮敏博教授と奥村大河さんが共同発表者になっているJAEAの下山巌さんの発表が最優秀口頭発表賞を受賞しました。


  

2018/06/26
特任研究員・奥村大河さん、小暮敏博先生が、福島原発事故において原子炉から飛散した放射性微粒子は加熱により放射性セシウムが脱離することを発見した研究報告についてプレスリリースしました。詳細はこちらをご覧ください。

2018/02/28
ポーランド科学アカデミーに1か月間滞在していた博士課程2年生・菊池亮佑さんが帰国しました。

2018/02/23
アレックス・ツェブロフスキーさんが、STEPSプログラムを終え、ロシアに帰国しました。


2017/12/01
日本学術振興会の支援による『大学の世界展開力強化事業』日露学生交流プログラム(STEPS)の受け入れ学生として、ロモノーソフ記念モスクワ国立大学博士課程学生のAlexey N. TSELEBROVSKIYさんが、本日より3か月間の予定で研究室のメンバーに加わりました。

モスクワ国立大学 (引用:Wikipedia)

2017/09/12
博士課程2年生(学振研究員)菊池亮佑さんの論文が、日本鉱物科学会 平成28年度JMPS学生論文賞を受賞しました。
セシウムは結晶表面付近に吸着されているだけでなく、変質黒雲母中のバーミキュライト混合層を置換し固定されていることを明らかにし、福島原発事故によって放出された放射性セシウムが、今後どのようなプロセスを経ていくのかを知るうえで重要な示唆を与える論文となりました。

Title: Cs–sorption in weathered biotite from Fukushima granitic soil
Authors: Ryosuke KIKUCHI, Hiroki MUKAI, Chisaki KURAMATA and Toshihiro KOGURE
JMPS, 110-3, 126-134., 2015

9月12日、愛媛大学城北キャンパスにて開催された、日本鉱物科学会2017年年会・総会にて授賞式が執り行われました。


2016/10/03
博士課程1年生・菊池亮佑さんが日本鉱物科学会2016年会研究発表優秀賞を受賞しました。

研究発表;
菊池 亮佑(受賞者)・向井 広樹・小暮 敏博
「加水黒雲母の層間内におけるセシウムの拡散速度の定量」


2016/09/02
小暮先生の『教授昇進を祝う会』が東京大学山上会館にて催されました。パーティーの様子はこちらからご覧ください。


2016/9/1
本日付で、小暮先生が東京大学大学院理学系研究科教授に就任されました。
卒業生から胡蝶蘭が届きました。
他にも、かわいらしい松川だるまなど、沢山の方々からお祝いのお言葉とともに祝福していただきました。ありがとうございます。


2016/03/24
井上紗綾子さんに学位が授与され、また、菊池亮佑君、吉村真裕君が修士課程を修了し、卒業しました。

井上紗綾子さん 理学博士 (PhD)
菊池亮佑君 修士課程修了 理学修士 (MSc)
吉村真裕君 修士課程修了 理学修士 (MSc)

論文タイトルおよび各自の進路は過去の研究室メンバー・卒業生をご覧ください。

2016/02/12
セシウムが風化黒雲母に選択的に吸着されることを明らかにした研究報告について、プレスリリースしました。

Yahooニュース:
セシウムは風化黒雲母に強く吸着することが判明。福島復興への寄与に期待(エコノミックニュース)
風化黒雲母がセシウム吸着 東大大学院と原子力機構発表(福島民報)

<発表雑誌>
Title: Cesium adsorption/desorption behavior of clay minerals considering actual contamination conditions in Fukushima
Authors: Hiroki Mukai, Atsushi Hirose, Satoko Motai, Ryosuke Kikuchi, Keitaro Tanoi, Tomoko M. Nakanishi, Tsuyoshi Yaita and Toshihiro Kogure
Scientific Reports, DOI: 10.1038/srep21543
PDF version


2016/02/03
福島第一原発原子炉から放出された放射性微粒子を特定した研究報告について、プレスリリースしました。

読売新聞: 福島のセシウム「ガラス状」…森林で採取の葉

<発表雑誌>
Title: Internal structure of cesium-bearing radioactive microparticles released from Fukushima nuclear power plant
Authors: Noriko Yamaguchi, Masanori Mitome, Kotone Akiyama-Hasegawa, Maki Asano, Kouji Adachi and Toshihiro Kogure
Scientific Reports, DOI: 10.1038/srep20548
PDF version


過去のニュースはこちら






バイオミネラリゼーション研究会
東京大学内の様々な研究科の研究室で運営される研究会です




TOP